2014年11月アーカイブ

いつも

| コメント(0) | トラックバック(0)

潰れかけて、ふと思い出すことがある。別に大したことじゃないけど。

多分、自分が本当につぶれてしまったときは、そんなこともう思い出さないじゃないかと思う。

 

書くことは、生きること。

だから、何があっても文字をつぐむことをやめてはならない。

 

それが、お金になるとかそういうことではなくて。

それが唯一、自分からいろんなものを出す方法だから。

そして、それが唯一、自分で何かを作り出す方法だから。

 

とにかく、何かに流されて、自分の気持ちが見えなくなってしまってはダメなのだ。

これでいいや、とか、もうめんどくさい、とかではなくて

 

ちゃんと前をみて、自分の足で、自分の生をちゃんと歩いてください。

 

ということで、まずは無理をしてでも、短編掲載へ。12月分の締め切りは明らかに間に合ってないので、来年1月分からですがね......。

また、よろしくお願いいたします。