2015年9月アーカイブ

正しく使ってください

| コメント(0) | トラックバック(0)

コンドームの流れで。

お客様(お医者様ね)から直接電話を受けることがあるんです。先日、と言ってももう2ヵ月ぐらい前のことですが、話を聞いていると「大丈夫、妊娠していませんよ」って言えるタイミングを知りたい、という。
えぇ、うちの製品、確かに妊娠の有無を判別する補助製品ですが、やっちゃった後に妊娠したかどうかを確認するための目的に製造しているわけではありません。
妊娠していたらレントゲンとか撮れないから、自己申告とは別に確認していますとか、妊娠を望む方が使用しているものだとばかり思っていたので、ちょっと衝撃的だった。
しかも、アンタ医者だろう。そんなこと許されないって、知ってるだろう......。

というかね、妊娠したくないなら、ちゃんと避妊してください。
避妊はしたくない、でも、妊娠もしたくない、というのはちょっとね。もっと自分を大切にしてください。せめて、基礎体温を測るなり月経周期から推測するなりあるでしょう。
不定期であればなおのこと、コンドーム等のご使用をお勧めいたします。
ぶっちゃけ、そんなんつけたくない、でも、妊娠もしてほしくない、と思っている男性とお付き合いの方は、早々にお別れになられた方がいいです。その男性、貴女のこと大切には思ってないと思うし。

なにより、正しくない使い方をする人がいるので、本当に必要な方の手元に安価で簡単に手に渡らない世の中になっているということをご存知ですか?
実は排卵検査薬、今は使用者を特定できる形でしか販売はされていません。
なかなかOTC化できない背景があるようです。というか、要するに避妊目的で使われたケースが多々あり、一度市場から抹殺されたようなんです。というのは、又聞きなので背びれも尾びれもついているかも。もしかしたら、足までついていたりして。
ま、ともあれ。正しく使用してくれる人たちばかりであれば、今頃排卵検査薬のOTC化なんて実行されていたんじゃないかと思います。不妊で悩む方がこんなに困る時代ではなかったんじゃないかと思います。

と思いつつ、排卵検査薬は1回使用しただけではその性能を発揮することができないようになっています。
じゃ、どうやって避妊に使用したんだ? 毎日ちゃんと測定したのか? する直前に確認しても駄目なんだけど?
って考えると、多分避妊目的に使用した人は、大丈夫だと思ってやってみたら、妊娠して苦情を申し立てたってことなんでしょう。
そりゃ、阿保だな。これこそ正しく使用してこそ本来の性能を発揮するものなので、そんな1回適当に確認しても駄目だよ。避妊目的でも、正しく使用してこそ避妊できるんです!! とか、書いたら駄目なんだけど。
ま、売上とか考えたら、そういう人もいてくれないと困るんだけど、そういう人が正しい使い方をするとは全然思えないので、やっぱりそういう人は使用してはいけません。
そして、私はそんな苦情のお電話には、めった刺しすることにしています。えぇ、実際にしていたら電話対応なんかさせてもらえませんのでウソです。ただ、本当にイラッとするお客様には、言葉を選んでいる余裕がなくなって一度「それ、違反行為なので堂々と文句を言われても困るんですが」と本音を言ってしまったことがあります。

察するに、妊娠補助試薬と同じ感覚で使う人がいるんでしょうね。
排卵検査薬は、その期間毎日同じ時間帯に測定することで正しい結果が得られます。そして、排卵のタイミングは、検査して排卵の予兆を察知してから数日のうちにあるんです。
要するに、精子が生きている期間とかいろいろ考慮すると、大丈夫だ!! と思ってやっても、意外と超危険!! ってタイミングに陥る可能性があるわけです。

こういう製品は、正しい知識と正しい使い方でご使用ください。
正しく使ってないのに、苦情申し立てとかしないように!!

自分、男じゃないし......

| コメント(0) | トラックバック(0)

と思うことがある。

どうしてもよくわかんない、と思うのが「彼シャツ」の効能・効果だったり。
少なくとも知識の上で効能・効果はわかっているけど、なんでそうなるのかは、正直今でもよくわからない。
実は調べもしたんだけど、だからどうだっていうんだよ?! ということで、よくわからず。
結局、この辺りは自分が男じゃないから、というのと合わせて、やっぱり枯れてきているからなのかもしれない......。
実は、そんな長くもない人生の中で一度だけそういう場面に出くわして、なんと理由を問い詰めたことがあったんだけど、あっちもこっちもそれなりに若かったせいか、あっちが理由を教えてくれなかったんだよね。あっちはなんかいろいろ想像したうえで、「駄目、絶対駄目!!」って言われたっきり、その後はそういう場面に出くわすことがなかった。

というのは、オブラート的な話題であって、本題はこっちだったりする。

このネタ、意外と好きだな、と自分でも感心する。
年に何回かは絶対にコイツのことを思う期間がある。別に自分で使ったりするわけではないので、単に興味の対象であり、多分、その向こう側が気になるんだと思う。
製造している人とか開発している人とかコイツの申請データを取っている人とか。一見簡単そうに見えて、実はすごいことしているんじゃないかって、勝手に妄想が膨らむ。2012年10月23日「コンドーム」がまさにそれだけど。

で。なにが自分が男じゃないからわからないのか、って話ですが
会社で定期購読している冊子にたまに大きく取り上げられることがあるコンドームです。もう先月の話になるのですが、なんとコンドームにサイズ別が登場したとか。
不二ラテックスさんから発売されているというそのコンドーム。あまりに衝撃的だったので、パートさん(既婚女性で、年上ですよ)に「こんなん出てるんですって」ってその記事を見せた。
そしたら、返ってきた返答が「自分がどのサイズかって、どうしてわかるんですかね?」だった。
それは、さすがに私ではわからない。そもそも装着を手伝ったことはあっても、自分でそれを装着したことなんてないし。ってか、どこに着けるんだって話になるけど。足の親指とか?
その時、パートさんに返答した内容を簡単にまとめると、
記事の内容から通常市販されているのは「Mサイズ」と推測される。多分、こういうものはそれなりに規格が統一されていると考えられるので、大きさも各社バラバラってことはないはず。
と考えると、いつも(?)使っていて、ちょっと大きいな~と感じている人とか、ちょっと小さいな~と感じている人とか、ものすごくキツイな~と感じている人とかがいて、自分のいつも感じているところからサイズを推測したらよいのではないか、と。
「そうですか」とパートさんに言われたけど、正直自分、男じゃないんでそんなことわかりませんが......。
でも、目の付け所が違うよね~、とその時は思った。
それが、今これを書く数日前に思うことがあった。
まず、パッケージ。あんなに大きくサイズが書かれていたら(さすがに「S」とは書いてないけど)、この人そんなサイズなの? って思われないかしら......? 調べたらパッケージ変更って書いてあったけど、イヤイヤ......。XLとかどんな顔して買うんだろう? やっぱり通販か?
後は。
そんな人いるのかどうかもわかんないし、単なる妄想だけど、キツメが好きな人は小さいの買うようにするのかな? ま~、そんな支障のある小ささではないと思うから行為自体がどうこうってことはないと思うけど。
いや、なんかここまで来たら趣味趣向の話なので、ま、男だからとかそういうことではないけど。

っていう、お話。

短編156期 「きっと愛」

| コメント(0) | トラックバック(0)

対戦、始まっていますのでよかったら、投票をお願いいたします。
別に私のに投票してくれ、って言っているんじゃなくて、好きな作品にってことね。
投票は、こちら!!

ということで、今期のお話です。
今年も残すところあと4回ですか。もう、何書くか決めておけばいいじゃん!! と思って、残りの4回はネタだけ決めてあります。
そのうちの1つがこれです。ずっと食べ物をテーマに書いてきたけど、朝食って食い物なのか? とも思わなくないですが。
なんか、まとまり悪い感じもしますが、逆にまとまりのいい私の作品っていうのも、私が気持ち悪いな、と思ってこれはこれでいいのです。

さて。
お母さんとかって、こんな感じじゃないですか? 散々喧嘩した翌日でも、ちゃんとご飯を用意して、洗濯もしてくれてません?
結局一緒に住んでいると、役割分担みたいなのが出来ていて、それもどうかと思うことはあるんだけど、何も言わずにいつもと同じことをしてくれるのは、多分愛情なんです。
って、思って書いてみたけど、どうでしょう?

2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.21-en