2016年3月アーカイブ

まずは、前回161期の際に予選投票してくださいました方、ありがとうございます。
そして、162期予選投票は既に開始されています!! 投票はこちら!!

ちょっと前回のことについて、愚痴っていうかま~そういうのを書いておくと
先ず、そもそも自分の作品に票が入ると思っていませんでした。多分、短編を覗きに行かれた方はご存知かもしれません。Twitterでの発言のこと。
他意があったということもないでしょうけど、結果的に票の操作になるよね、と思って見ていたので、正直1票入っているときは、あら、と思いました。
なにか思われたか、誰かに指摘されたかで取り下げたんだとは思いますが、その状況で1週間近くあったのが、果たして公正か? とちょっと疑問は残ったり。本気で投稿している方にはヒドイ話だな、と思っています。
私は、ちょっと試しにいろんなことがしたいので、特別話の意味が分からない、と言われようがなんだろうが、だって(頭の中では)そういう設定だもん、と思って読み流してます。

で。
今期の話ですが、投稿直前まで別の話を書いていたのですが、これはあまりにも背景が分からな過ぎてひとつの短編として読んでもらうにはあんまりなのではないか、と思い、急遽別の話を探したところ、今年のMy themeにあったのが、これしかなかったんです。
見たら2012年に書き始めたっきり、完結もしていない......。
そもそもなんで完結してないのか、というのもその時何が起きたか、という話になるわけで。
多分、そんな話ができるのはここがラストチャンスかもしれないので、とりあえず書いておきます。

そもそも、この話に出てくるお二人、ユーコとアッ君ですが、彼らは5年前位から書いています。
5年前と言えば、ちょうど3.11の年ですが、特に3.11が発端ではありません。発端は別のところにあるのですが、それはまた自分の中がちゃんと整理できた時にでも。
多分、記憶が正しければ小説家になろう様でいくつか掲載中のはずで、そちらも楽しんでいただけたら幸いです。
で、なんの話かというと、今回投稿するまでなんで未完だったのか、というと、感化されやすい部分もあって5年前のチャリティーに参加した際に、もしかしてちょっとエッチいのとかも書ける? と思い、書き始めて途中まできてはなんか納得できる進行にならなくて、書いては消して書いては消してを繰り返していく間に、一応聞くけど、それを書いてどこで公開するのか?(借りてるサーバーはratingなしなので) っていうか、あんたの書きたいものはそういうものなのか? というところに突き当たり、日々に流されて、今現在に至ります。
一応完結させてみたものの、どうなんでしょうかね?

そんなこんなで、今期も楽しんで頂ければ幸いです。

2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.21-en